クレジットカードの使い方を解説

クレジットカードの使い方

はじめてクレジットカードを使う方は、その使い方について少し不安に思うものですが、クレジットカードの使い方はいたって簡単ですので、このページをご参考になさってみて下さい。
一度覚えてしまえば(覚えるほど難しいものでもないですが)、こんなものかという感じですので。

以下に、お店や飲食店でのレジでの使い方、ネットショッピンク(ネット通販)での使い方、海外旅行時など海外での使い方などをご紹介しています。
また、最後の項でクレジットカード支払い方法についても簡単にご紹介しています。

では、クレジットカードがお手元に届いたところから解説したいと思います。


クレジットカードが届いたらサインを書く

クレジツッカード会社からカードがお手元に届いたら、まずは、カードの裏面のサインを書く箇所に自分のサイン(署名)を書きます。
ボールペンやサインペン等、消えない筆記具で書きます。

自分の名前を書くのですが、漢字でも、ひらがな・カタカナでも、ローマ字でもかまいません。
日本人でしたら一般的には漢字で記入する人が多いです。私も漢字でサインをしています。

このサインは、カード利用の際にサインの記入を求められる場合があり、その時に本人確認の一つとなりますので、普段書いている書きなれた書き方で書きましょう。難しく考えずに、いつも自分の名前を書いている感じて書きましょう。

私もそうだったのですが、カード裏面にサインを書く時、お店でサイン署名を求められたらはたして同じように書けるものかと不安になったものです。
ですが、心配は無用でした。人というものは、字を書くときに手癖というものがあり、自然と同じように書くものなんです。
ですから、いつも書くように自分の名前を書けばOKです。

カード裏面にサインをすれば、これで、いつでもどこでもクレジットカードを使えます。

ちなみに、海外で利用するときも、サインを求められる場合は、カード裏面に漢字でサインを書いている人は漢字でサインをします。


お店でのレジなどでのクレジットカードの使い方

ショッピングや飲食をしたときにクレジットカード支払いにしたいとき、そのお店が自分のカードを使えるか確認しておくことが必要です。

多くのお店は、お店の入り口やレジ脇などに、そのお店で使えるクレジットカード会社のロゴを、ステッカーを貼るなどの表示をしています。
例えば「JCB」「VISA」「Master Card」などのロゴが、ステッカーやプレートで表示してあります。
自分のクレジットカードのブランドが表示されていれば、そのお店で使えるということになります。

飲食やショッピングの代金清算をするときレジなどで、クレジットカードで支払うことを伝えます。

一括か分割かリボ払いかなどの支払い方法も伝えるのですが、お店側から聞かれることも聞かれないこともありますので、自分の希望する支払い方法もちゃんと伝えておきましょう。

そのお店によって、サインを求めるお店暗証番号を求めるお店どちらも求められないお店がありますので、そのお店の方式に従います。


サインを求められる場合

例えば、電気量販店でクレジットカード払いをする場合、サインを求められることがあります。
クレジットカード支払いということを伝えると、レシートのようなものを渡され、サイトをする箇所にサイトを書くことを求められますので、サインをします。

その際に、利用金額に間違いがないか、一回払いにしたいのに分割やリボ払いになっていないか等を確認してからサインをしましょう。

後は、レシートを受け取ればOKです。
後日、利用代金が引き落とされます。


暗証番号を求められる場合

私はまだ経験ありませんが、お店によっては暗証番号を求められる場合があります。
暗証番号はカード入会時に自分で記入した4桁の数字です。

暗証番号を押す端末を差し出されるので、その端末で暗証番号を押します。
もし、暗証番号を忘れた場合は、サインでお願いしますと言えば、サインで対応してもらえます。


サインも暗証番号も求められない場合

コンビニやスーパーで利用金額が大きくない買い物でクレジットカード払いするときは、サインも暗証番号も求められない場合もあります。
その時はクレジットカードを差し出すだけでOKです。
レシートを受け取って金額に間違いがないか確かめます。


ネットショッピングやネット通販など、インターネット上でのクレジットカードの使い方

ネットショッピングなどインターネット上でクレジットカードを使う機会が多い人もいると思います。
私は、信頼できる会社であると判断した場合は、ネット上の支払いをほぼ全てクレジットカードでの支払いにしています。

ネット上でクレジットカード支払いを利用する場合、入力画面でクレジットカード支払いを選ぶと、カード情報の入力画面になりますので、順次自身のカード情報を入力していきます。

おおよそ、以下の流れになります。

まずは、自分のカードブランドを選んでチェックします。
例えば、自分のカードを見て、「JCB」か「VISA」か「Master Card」にチェックをします。

次に、自分のクレジットカードに刻印されているクレジットカード番号を入力します。
4桁を4つ、合計16桁を入力します
たいていの場合、ハイフン「-」なしで、数字をそのまま16桁入力するか、4桁ごとに入力するようになっています。
たまに、ハイフン有で入力を求められる場合もありますので、その時は、その入力方法に従います。

次に、名前をローマ字で入力します。
ご自身のクレジットカードにローマ字で名前が刻印されていますので、その通りに入力します。
例えば、佐藤さんの場合、カードにSATOHと刻印されているのに、入力画面でSATOと入力すれば受け付けられませんので注意をしてください。

次に、カードの有効期限を入力します。
ご自身のカードに、そのカードの有効期限が刻印されていますので、それを入力します。
多くの場合、月が先で、年が後の入力となります。
カード有効期限が2016年8月でしたら、「8月2016年」という記入順序になります。

次に、セキュリティコードの入力となります。
このセキュリティコードの入力は求められる場合と求められない場合があります。
求められる場合は、セキュリティコードはクレジットカードの裏面、サインの記入欄のところに書かれている数字番号の、最後の番号3桁となります(カード会社によっては4桁の場合も)。
この3桁もしくは4桁の番号を入力します。


海外でのクレジットカードの使い方

これからクレジットカードを作る方で、この先、海外旅行のときにもクレジットカードを使いたいと思っている方もいらっしゃると思います。

海外でクレジットカードを使うときも、日本で使うときと同じで、お店の入り口やレジ脇などに、そのお店で使えるクレジットカード会社のロゴを、ステッカーを貼るなどの表示をしています。
ご自分のクレジットカードのロゴが表示してあれば、使うことができます。

お店やレストランでの精算時に店員さんに、クレジットカードで支払うことを伝えます。

レシート(もしくはレシートに類似したもの)に、サインの記入を求められますので、利用金額に間違いがないかチェックし、サインをします。
この時のサインは、クレジットカードの裏面にしているサインと同じサインをします。
カード裏面に漢字でサインをしている人は、海外でも漢字でサインをします。

余談ですが、海外でクレジットカードを使うときは、注意が必要です。
海外旅行から帰ってきて、カード請求の明細を見たら、使った覚えのないお店の請求がされていたなどの事例が多々起こっているようです。
こういう場合は、ただちにカード会社にその旨を伝えてください。
利用していない分は請求から外されます。

こういうことが心配な方は、海外旅行の際は、トラベラーズチェックを使うといいです。


クレジットカードの支払い方法について


クレジットカードの利用代金の支払い方法は1回払いの他に、
分割払い(使用しているカードによって回数はいろいろ)・ボーナス一括払いリボ払いなどがあります。

例えば5万円の商品を買った場合、
一回払いだったら5万円、
2回の分割なら25,000円を2回、
ボーナス一括払いならボーナス月に5万円を一括で引き落としされます。

分割払いの場合、2回までは分割手数料がからないカード会社が多いですが、3回以上の分割の場合は分割手数料が発生することがあります。

リボ払いは、月々支払う金額を決めて支払う支払い方法です。
月々2万円の支払いに設定した場合、5万円の商品を購入すると、2万円、2万円、1万円と3ヶ月で支払いが引き落とされるということになります。
リボ払いにはリボ払い手数料が発生します。
多くのカードの場合、月々支払う金額を自身で任意に設定できます。
また、その設定額を随時変更することも可能となっている場合が多いです。