主婦の方でも作れるクレジットカードの作り方を解説

主婦の方でもクレジットカードは作れます

主婦の方は収入がないので、クレジットカードを作れないというイメージがありますが、
夫に安定的・継続的な収入があれば、問題なくクレジットカードを作ることはできます。

また、パートとしての収入が継続的にある主婦の方は、
夫の収入状況に関係なく作ることができるクレジットカードもあります。

いずれの主婦の方でも、主婦の方のカード入会を積極的に受け付けているのが『楽天カード』『イオンカード』です。

『楽天カード』も『イオンカード』も、カード入会条件に“学生・主婦・パート・アルバイトの方もお申し込みいただけます”と明記しています。

主婦の方や、パート主婦の方で、今まで何度かクレジットカード入会に申し込んだことがあるけれど、審査が通らなかったという人は、『楽天カード』か『イオンカード』に一度お申し込みされてみるといいでしょう。


楽天カード券面

『楽天カード』は、ポイント還元率が高いクレジットードとして今や定番的なカードの一枚ですし、貯まったポイントは楽天市場などの楽天グループ店で「1ポイント=1円」として、1ポイントから使えるので、ポイントを使いやすいクレジットカードでもあります。
楽天カードに関してはこちらのページで詳しく解説しております。
⇒ 『楽天カード』のページ >>


イオンカード(WAON一体型)券面

『イオンカード』は、イオンやマックスバリュで割引やポイントがお得に獲得できるカードとして主婦層の方に人気の一枚です。イオンカードはスーパーのメインのお客様である主婦層の方に積極的にカード発行していますので、パート主婦で収入が低めでも継続的・安定的に収入を得ていれば、カード発行をしています。
イオンカードに関してはこちらのページで詳しく解説しております。
⇒ 『イオンカード』のページ >>


また、パートやアルバイトで一定の収入がある主婦の方は「アコム・ACマスターカード」という選択肢もあります。
三菱UFJファイナンシャルグループのキャッシング・カードローン会社「アコム」が発行している年会費無料のクレジットカードで、パートやアルバイトの方でも一定の収入があればカード発行が可能です。
お急ぎの方は、インターネットから申し込み後、アコムのむじんくんで即日発行受取も可能です。
年会費無料で、カードデザインもアコムのカードだということはわかりません。
もちろん、他のクレジットカードと同じように使えますし、海外でも利用できます。
詳しくは、「アコム・ACマスターカード」公式ページをご覧になってみてください。


家族カードという選択肢

クレジットカードには『家族カード』というカードがあります。
夫がクレジットカードを持っていれば、その子カードとして追加発行できるのが『家族カード』です。
既に、夫の信用情報を基に発行されているカードの子カードですので、カード発行もスムーズです。

但し、クレジットカードの利用明細を夫に全て見られてしまうという可能性がありますので、その点が気になる方は、やはり夫の家族カードではなく、別途ご自分のクレジットカードをお持ちになった方が良いでしょう。


デビットカードという選択肢

あまり知られていないのですが、クレジットカードとほぼ同じ機能を持つカードとして『デビットカード』というカードがあります。

クレジットカードとの違いは、『デビットカード』はカードショッピングをすると、銀行口座から即時にカード利用代金が引き落とされるという点です。

銀行口座の残高から即時に引き落とされるので、『デビットカード』発行にには審査がありません
『デビットカード』を発行している銀行に口座があれば、15歳または16歳以上の方でしたら誰でも発行が可能です。
※全ての銀行が『デビットカード』を発行している訳ではありません。

代表的な『デビットカード』の一枚に『楽天銀行デビットカードJCB』『ジャパンネット銀行VISAデビットカード』があります。

『楽天銀行デビットカードJCB』には、カードにJCBのロゴマークが付いていて、国内・海外においてほぼクレジットカードと同じ使い方ができます。

『ジャパンネット銀行VISAデビットカード』には、カードにVISAのロゴマークが付いていて、国内・海外においてほぼクレジットカードと同じ使い方ができます。

【楽天銀行デビットカードJCBの特徴と申し込み】

楽天銀行デビットカードJCB

●日本国内の「JCB」マークのあるお店なら、どこでもクレジットカードと同様に使うことができます。カードを出せば定員さんはクレジットードと同じ手続きで会計をします。ほとんどの場合、定員さんはクレジットカードかデビットカードかは分かりません。
●海外でも「JCB」マークのあるお店なら、どこでもクレジットカードと同様に使うことができます。ですから、海外旅行でもクレジットカード同様に使うことができます。ちなみに、海外では、クレジットカードより、デビットカードの方がより多く使われている国もあるくらいです。
●海外のATMで現地通貨でのキャッシングができます。
ネットショッピングの際も、クレジットカード番号記入欄に、デビットカードの番号を記入することでクレジットカードと同様に使うことができます。クレジットカードもデビットカードもカード番号は、4桁×4で同じだからです。
●支払い回数は1回払いのみとなります。クレジットカードのように、リボ払いや複数回の分割払いはできません。
●利用限度額はありません。利用代金が即時引き落としなので、口座残高以内でしたらいくらでも使うことができます。つまり、利用限度額は銀行口座残高ということになります。
●カード利用額「100円毎に1ポイント」の楽天スーパーポイントが付与されます。ポイント還元率1%です。
楽天市場での買い物は「100円毎に2ポイント」が付きます。
●年会費は無料です。
●16歳以上の方なら誰でもお申し込みできます。

さらに詳しい詳細とお申し込みは公式サイトでどうぞ。
⇒ 『楽天銀行デビットカードJCB』公式サイトはこちら >>

「VISA」ブランドをご希望の方は『楽天銀行デビットカードVISA』もあります。
海外旅行にご利用なら、世界中での加盟店がより多い「VISA」ブランドがオススメです。
ただし、年会費1,029円(税込)で、ポイント還元率も「楽天銀行デビットカードJCB」より低いです。

⇒ 『楽天銀行デビットカードVISA』公式サイトはこちら >>

【ジャパンネット銀行VISAデビットカードの特徴と申し込み】

ジャパンネット銀行VISAデビットカード(ファミマTカード機能付き)

●国内・海外の「VISA」マークのあるお店、ネットショッピングの際に、クレジットカードと同様に使うことができます。
●海外のATMで現地通貨でのキャッシングがてきます。
●支払い回数は1回払いのみです。
●利用限度額は銀行口座残高です。
●ジャパンネット銀行VISAデビットカードは、スタンダードのカードと、ファミマTカード機能が付いたカードがあり、任意でお選び頂けます。
●どちらも年会費は無料です。
●15歳以上の方なら誰でもお申し込みできます。
スタンダードのカードは、カード利用額「500円毎に1ポイント」のJNBスターポイントが付与されます。ポイント還元率0.2%です。
ファミマTカード機能付きの方は、ファミマ「200円毎に2ポイント」のTポイントが付きます。Tポイント加盟店でも加盟店での還元率にそってTポイントが付きます。加盟店以外では「500円毎に1ポイント」が付きます。

さらに詳しい詳細とお申し込みは公式サイトでどうぞ。
⇒ 『ジャパンネット銀行VISAデビットカード』公式サイトはこちら >>