未成年でもクレジットカードは作れるのか?

未成年の方でもクレジットカードを作ることができます。

クレジットカード会社は、カードへの申し込み基準として、高校生を除く18歳以上としています。

つまり18歳以下の方はクレジットカードを作れませんし、18歳以上でも高校生の方は作れません。

しかし、18歳以上であれば、社会人の方、学生の方でもクレジットカードを作ることはできます。

ただし、親権者(親など)の同意が必要となります。

学生ならましだも、私は、未成年だけどちゃんと働いてお金を稼いでいるので、親権者の同意なんて必要ない、親の同意を得るのはちょっと面倒だし、何か言われるのも嫌だし、と思われる方もいるかもしれませんが、いかしたかありません。

どうしても、親権者(親など)に同意を得るのは嫌だとか難しいという方は、クレジットカードではなく、クレジットカードと同様に使える「デビットカード」か「電子マネー」にしてはいかがでしょう。

デビットカードとは

楽天銀行デビットカードJCB

「デビットカード」は銀行が発行する即時引き落としのクレジットカードのようなものです。
ほとんどのデビットカードなら16歳以上であれば親権者の同意なく作れます

デビットカードには、「VISA」や「JCB」のロゴが付いていて、クレジットカードが使えるお店なら、クレジットカードと同じように支払いに使えます。
ネットショッピングにも使えまいし、国内はもちろん海外の「VISA」や「JCB」のロゴわ表示しているお店で使えますし、海外のATMで現地通貨で引き出しをすることもできます。

クレジットカードと違うのは、銀行口座から即時に引き落とされるということです。

ですので、銀行口座の残高以内でしかショッピングなどに使えないということになります。

三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行などか発行しています。

⇒ 『楽天銀行デビットカードJCB』公式サイトはこちら >>

「VISA」ブランドをご希望の方は『楽天銀行デビットカードVISA』もあります。
海外旅行にご利用なら、世界中での加盟店がより多い「VISA」ブランドがオススメです。
ただし、年会費1,029円(税込)で、ポイント還元率も「楽天銀行デビットカードJCB」より低いです。

⇒ 『楽天銀行デビットカードVISA』公式サイトはこちら >>

電子マネーでもクレジットカードのように使えます

電子マネーの画像

「auウォレット」は「Mastercard」のロゴが付いているので、「Mastercard」が使えるお店で使えますし、

「ソフトバンクカード」は「VISA」のロゴが付いているので、「VISA」が使えるお店で使えますし、

「ローソンおさいふポンタ」は「JCB」のロゴが付いているので、「JCB」が使えるお店で使えます。

「auウォレット」と「ソフトバンクカード」は、ネットショッピングでも使えますし、海外のでも「Mastercard」や「VISA」が使えるお店なら、クレジットカードと同じように使えるのです。

「ローソンおさいふポンタ」は、国内の「JCB」が使えるお店なら、クレジットカードと同じように使えます。

クレジットカードと違うのは、これらの電子マネーはプリペイドカードですので、使う前に、お金をチャージ(入金)しておかなければいけないこと。

ちなみに、クレジットカードは、買い物等に使った代金をね翌月か翌々月に1ヶ月分の利用代金をまとめて後払いします。