公共料金(電気・ガス・水道代)や携帯料金など月々の支払いもクレジットカードでできる

公共料金をクレジットカードで支払ってポイントを獲得してお得を

電気料金、ガス料金、水道料金をはじめとする公共料金、
また、携帯電話料金、新聞代、NHK受信料など、月々に支払っている料金をクレジットカードでの支払いに変えると、クレジットカードのポイントが付くので、現金や口座引き落としで支払うよりお得です。

これらの料金を合計すると、単身で住んでいる方でも月々2万円〜3万円は支払っているのではないでしょうか。
夫婦二人や、子供がいる家庭でしたら、おそらく4万円以上は支払っているのではないでしょうか。

例えば、月に4万円を支払っているとすれば、年間で48万円です。
この48万円をポイント還元率1.0%のクレジットカードで支払えば、4800円分のポイントを獲得できることになります。

この4800円をお得と考えるか、たったそれだけかと考えるかは、個人の価値観によると思いますが、今現在、銀行口座からの引き落としにしているのでしたら、クレジットカードの支払いに変えるだけで年間4800円分を獲得できるのです。
どうせ銀行口座から引き落とされるのでしたら、クレジットカードでの支払いにして、クレジットカードの利用代金として銀行口座から引き落としに変えると4800円分獲得できるのですから、やらない手はないのではないでしょうか。

これら、月々の支払いをクレジットカードの支払いにすると、クレジットカードの利用実績も積みあがりますし、利用可能枠の増枠にもつながります。

ポイントを獲得できて、クレジットカードのスコア(信用実績)も上がっていくので、公共料金などの月々の支払いをクレジットカード払いにするのは、個人的にもオススメです。

月々の支払いとしては、自動車保険料金や民間の生命保険・医療保険料金もクレジットカード払いが可能です。私も自動車保険と医療保険料金をクレジットカードで支払っています。

他にも、固定電話料金、プロバイダ料金がありますし、
サプリメントやスキンケアやコスメなどを通販の定期購入していれば、それらもクレジットカード払いにすれば、ポイントはもっと貯まります。

ただし、ガス料金や水道料金の支払いにクレジットカードを使えない地域もお住いの地域によってはあります。
新聞代も地方紙などでクレジットカード払いを導入していない新聞社もあります。