クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険について

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険

海外旅行へ行く際に、もしも、万が一の病気や怪我のために、海外旅行傷害保険へ加入していく人も多いと思います。

海外で病気や怪我などをしたときに、その医療費の高さにはビックリすると言われています。

例えば、急性腹膜炎(盲腸)の手術をして2泊3日間の入院をした場合の費用が保険会社のウェブサイトで公開されています。

アメリカではなんと200万円以上の場合もあります。
ヨーロッパでは100万円〜150万円、
アジアでは20万円〜100万円、
オセアニアでは90万円弱です。

日本では考えられない医療費ですが、海外においては、これくらいの医療費がかかってしまうということです。

体力や健康に自信がある方でも、環境が違う海外では、万が一、ということもあり得ないとは言えません。

もしもの時に、その医療費をカバーしてくれるのが海外旅行傷害保険です。

また、病気や怪我だけでなく、例えば、ホテルの備品を壊してしまった場合や、持って行ったカメラを壊してしまったという場合にも保険でカバーできます。

その海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードを持っていれば、海外旅行傷害保険への加入料金が節約できますし、海外旅行へ出かけるたびに保険へ加入する手間もいらなくなります。

クレジットカードによって補償の上限金額が違う

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、そのカードによって補償される上限の金額が違います。

ですので、海外旅行へ行くけれど、クレジットカードに海外旅行保険が付いているから私は大丈夫と安易に考えず、そのクレジットカードの補償金額の最高額をチェックしておく必要があります。

例えば、以下は年会費無料の『エポスカード』に自動付帯する海外旅行傷害保険の補償内容です。
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

傷害死亡・後遺障害は500万円と低いですが、他の補償内容はまあまあです。
アメリカで急性腹膜炎(盲腸)の手術をして2泊3日間の入院したとしても、疾病治療費用270万円補償なので大丈夫そうです。
しかし、それ以上の入院期間を必要とする手術の場合は、心細いです。
この補償内容で良しとするか、心配だと感じるかは個人的な考え方となります。

『エポスカード』は年会費無料でこれだけの補償内容の海外旅行保険を自動付帯で付けているのは評価されて良いですが、これ以上の補償内容を求めるのでしたら、ゴールドカードやプラチナカードでクレジットカードを作るといいです。
年会費が1万円以上であるだけの補償内容の海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカードのサービス一つとして海外旅行保険を付けている場合、それか自動付帯なのか利用付帯なのかの違いがあります。

ゴールドカードやプラチナカードは、ほぼ自動付帯で、しかも補償内容が十分な海外旅行傷害保険が付いています。

年会費無料のクレジットカードや、年会費が数千円以下のクレジットカードの場合、自動付帯ではなく利用付帯としている場合もあります。

利用付帯とは、そのクレジットカードで、ツアー旅行代金を支払ったり、飛行機のチケットを購入したり、旅行に関する代金を支払うことで保険適用対象となることです。
そのクレジットカードにもよりますが、海外旅行へ出かけるために、国内の移動で利用した交通機関のお金をクレジットカードを利用すれば、それだけで保険適用となるカード(『楽天カード』)もあります。

自動付帯とは、旅行代金をクレジットカードで支払うなどの条件は一切なく、海外旅行へ出かけるときに一切の手続きも届け出も必要なく、文字通り自動的に保険適用対象となることです。
海外の現地で保険が必要になった時に、電話をすればOKです。