学生の方のクレジットカードの作り方を解説

学生の方のクレジットカードの作り方について

18歳以上でしたら学生の方でもクレジットカードを作ることが可能です。
多くの方は、学生の時に、クレジットカードをはじめて作る機会となるのではないでしょうか。

一部ののクレジットカード会社は、学生の方を対象とした、いわゆる『学生カード』を発行していて、一般カードと比較してポイント還元が高かったり、海外旅行傷害保険が自動付帯であったりと、お得なカードスペックとなっていますので、一般カードより学生カードでクレジットカードを作ると良いです。

『学生専用ライフカード』『JALカードnavi学生専用』『三井住友VISAデビュープラスカード』が学生クレジットカード及び20代限定で発行されているクレジットカードです。

尚、学校を卒業して社会人となったときは、一般カードに切り替わります。
この時、そのまま一般カードへ切り替えてもいいですし、解約をして別のクレジットカードに加入してもかまいません。

学生クレジットカードの審査について

クレジットカードへ申し込む際には審査があり、職業や収入、勤続年数などが審査対象となります。
しかし、学生の方は、学業が本分でありますから、審査対象は本人ではなく、親権者ということになります。

また、学生の方がクレジットカードを作る場合、親の同意が必要となる場合がありますので、一言クレジットカードを作ることを伝えておきましょう。

それと、成人となった学生の方は、親の同意がなくクレジットカードを作ることは可能ですが、親の同意がない場合は、クレジットカードの利用限度額を低く設定される場合もあります。
ですので、成人の学生の方も、できれば親の同意を得て作るのが良いでしょう。

家族カードでクレジットカードを持つ

クレジットカードには『家族カード』というカードがあります。
例えば、父親や母親がクレジットカードを持っていれば、その子カードとして追加発行できるのが『家族カード』です。
既に、父親か母親の信用情報を基に発行されているカードの子カードですので、カード発行もスムーズです。

カード利用代金の支払遅延・延滞は絶対しない

クレジットカードは利用代金を後で支払えばいいので、思わず大きな金額の買い物をしてしまうということがあるかもしれません。
でも、そういう時にも、支払いは遅延・滞納がないようにしましょう。

学生であっても、支払いの遅延・滞納があれば、信用情報機関のブラックリストに載ってしまいかねません。
もし、ブラックリストに載ってしまうと、学校を卒業して社会人になっても、クレジットカードを新たに申し込むときや各種ローンを組むときに、審査に通らなくなってしまうということになりかねません。

将来的に自動車をローンで購入したり、住宅ローンを組むという時に、支障をきたしかねませんので、支払いの遅延・滞納はないようにしましょう。