クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードは作る時に、申し込み入力画面でキャッシング枠を希望すれば、キャッシング枠付きのクレジットカードが発行されます。

また、カード申し込み時にはキャッシング枠を付けなくても、後に、キャッシング枠を付けるということもできます。

キャッシングできる最高額(キャッシング利用枠)は、その人によって異なります。

例えば、私が持っているクレジットカードの一枚は、クレジットカードの利用可能枠が90万円で、キャッシング利用枠は70万円、キャッシング利用枠内の海外キャッシングは30万円となっています。

キャッシング利用枠が70万円に設定されていますので、70万円を限度額に何度でも借りることができます。

今月のキャュシング利用残高が30万円だとしたら、あと40万円は借りられるということになります。

また、キャュシング利用残高が30万円だとしたら、ショッピングで使える利用額は「90万円 - 30万円 = 60万円」ということになります。

キャッシングできる場所は

全国のコンビニ、スーパー、銀行など金融機関のATMでいつでもクレジットカードでキャッシングすることができます。

ですので、夜の遅い時間に急に現金が必要になったけれど手元のお金では足りない、という時は、24時間営業のコンビニのATMで現金を引き出せるので便利ではあります。

また、クレジットカード会社によっては、ネットのカード会員用ウェブサイトにアクセスし、ログインしてキャシングの手続きをすれば、カード利用代金の引き落とし口座として指定している銀行口座へ振り込んでくれる場合もあります。

キャッシングには金利手数料がある

キャッシングはお金がどうしても必要な時には便利ではありますが、あくまでクレジットカード会社から借りるということになりますので、金利手数料が発生します。

クレジットカードのキャツシングの金利は、だいたい年利で15%前後です。高いと20%近い手数料の場合もあります。カード会社によって異なります。

15%前後という金利は決して低い金利ではありませんので、どうしても困ったとき以外は利用しない方が良いと個人的には思います。

キャッシングの返済回数

クレジットカード会社によって選べる返済回数は若干異なる場合もあるのですが、一括返済、リボ払い返済、分割返済があります。

返済回数が多いほど、支払う金利が多くなりますので、なるべくなら一括で返済してしまった方がいいです。

審査に自信がない人はキャッシング希望しない方が得策です

クレジットカードを申し込む時にキャッシング枠を希望すると、それだけ審査が厳しくなります。

収入が低いなど審査にちょっと自信がないなと思う方は、クレジットカードの申し込み時には、キャッシング枠を希望しない方が審査に通りやすくなります。

どうしてもキャッシング枠が欲しいのでしたら、クレジットカードが発行された後に、別途で、キャッシング枠の申し込みをするといいです。

もちろん、その時にも、キャッシング枠が付けられるかどうかの審査はあるのですが、もしキャッシング枠の審査が通らなくても既にクレジットカードは発行されているのですから、クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を希望したばかりに審査に落ちてしまったという事態は避けられます。